1日100トンの亜鉛めっき生産量
厚生労働大臣賞受賞   

厚生労働大臣賞受賞弊社は平成26年度・全国めっき技術コンクール亜鉛めっき部門で厚生労働大臣賞を受賞しました。

エコアクション21認証取得   

エコアクション21認証取得朝日鍍金工場では、
環境への取り組みにも
力をいれています。

営業品目

亜鉛めっき専門工場
├電気亜鉛めっき
└溶融亜鉛めっき

後処理の種類
├クロメート
├ユニクロ
├3価クロメート
└3価黒色(パワーコート)

業界案内
├建築業界
├自動車業界
└電気業界

有限会社朝日鍍金工場

東京都江戸川区松江4-20-11
TEL:03-3653-3431〜5(代)
FAX:03-3652-2225

株式会社アサヒメックス

東京都江戸川区松江4-20-17
TEL:03-3653-3439(代)
FAX:03-3652-2225

亜鉛めっき専門だからこそできる安心の生産体制

長尺めっきライン大物・長物・重量物に対応
電気亜鉛めっきは長物に対応しております。
クロメート、ユニクロは7mまで対応、3価クロメートは4mまで対応。
防錆効果の高い電気亜鉛めっきは建築用部品や自動車部品に適しています。
弊社ではH鋼やアングルパイプを始めとした大物加工を得意としています。
クロメート・ユニクロは最大7m、3価クロメートは最大4m
3価ブラックは最大3m

電気亜鉛めっき加工事例圧倒的な生産量と安心の量産体制
亜鉛めっきに特化している朝日鍍金工場では、1日100トン以上の生産能力があります。
モットーは「品質の保証」と「納期の厳守」
そのために加工技術力の強化に全力を挙げています。

溶融亜鉛めっき加工事例小物も丁寧な溶融亜鉛めっき仕上げ
溶融亜鉛めっきは中物・小物に対応。自動ラインと手動ラインがあり、
ボルトやナットなどの小物も丁寧に仕上げます。

設備のご案内

朝日鍍金工場の本社ビル

弊社では、3階建ての本社工場のほかに、第二工場・倉庫を保有しています。それぞれの工場にあるめっきラインをご紹介いたします。

詳しくはこちら

分析および研究室のご案内

朝日鍍金工場の本社ビル

品質管理の徹底と技術開発への注力を目的に「分析および研究室」を設置しております。

詳しくはこちら

金属パイプ内面めっき技術の紹介

パイプの内面への電気めっき

弊社の独自技術である「パイプの内面への電気めっき」は、建築部品(公園遊具)や機械部品を内部腐食から守り、事故防止を図ることができる技術です。
今までの常識では不可能とされてきた内面めっきが可能になったことにより、様々な可能性が広がっています。

詳しくはこちら

ショットブラスト設備

黒皮や溶接焼けのきつい製品や酸洗(塩酸洗い)を避けたい製品は、ショットブラスト装置をつかっての処理も可能です。

また、めっき前処理目的だけでなく、ショットブラスト装置をつかった表面剥離のご用命もお承りいたします。

例:電着塗装用治具の塗装剥離等

新着情報

2016年5月 ショットブラスト設備を導入しました。

2015年10月 ホームページを更新しました。