厚生労働大臣賞受賞   

厚生労働大臣賞受賞弊社は平成26年度・全国めっき技術コンクール亜鉛めっき部門で厚生労働大臣賞を受賞しました。

エコアクション21認証取得   

エコアクション21認証取得朝日鍍金工場では、
環境への取り組みにも
力をいれています。

営業品目

亜鉛めっき専門工場
├電気亜鉛めっき
└溶融亜鉛めっき

後処理の種類
├クロメート
├ユニクロ
├3価クロメート
└3価黒色(パワーコート)

業界案内
├建築業界
├自動車業界
└電気業界

有限会社朝日鍍金工場

東京都江戸川区松江4-20-11
TEL:03-3653-3431〜5(代)
FAX:03-3652-2225

株式会社アサヒメックス

東京都江戸川区松江4-20-17
TEL:03-3653-3439(代)
FAX:03-3652-2225

内面めっき

金属パイプ内面への電気めっき技術

弊社の独自技術である「パイプの内面への電気めっき」は、建築部品(公園遊具)や機械部品を内部腐食から守り、事故防止を図ることができる技術です。
パイプの内面への耐食性に優れためっき技術としては、溶融亜鉛めっきがありましたが、亜鉛の低硬度性より稼働部分等の機械的強度が掛かる部分に使用できない点、及び塗装が困難である点の課題が有り、稼働部を伴う屋外施設には同めっきは使用できないなど、公園遊具や屋外建設物への適用は困難でした。
また、電気めっきは、稼働部分等の機械的強度や塗装は可能であるが、パイプのような形状ではパイプの内側まで電路が構成されない為、パイプ内面にめっきができないことが今までは業界の常識でした。

当社独自の補助陽極付治具による金属パイプ内面めっき装置

上記の課題を乗り越えるためには、補助陽極を設け、パイプのような長径物に電気的な短絡防止を図りつつ生産性を確保・向上する事が必要でした。そして、それを実現したのが当社独自の補助陽極付治具による金属パイプ内面めっき装置です。

※金属パイプ内面めっき装置のイメージ図
金属パイプ内面めっき装置

※金属パイプ内面めっき装置の設置写真
金属パイプ内面めっき装置の設置写真

従来技術と新技術との比較

以前にも内面めっき技術は存在しましたが、写真で見るとその違いは一目瞭然です。

金属パイプ内面めっきの実現写真

金属パイプ内面めっきの実現写真

従来技術による内面めっきの写真

内面めっき(未)

具体的な利用用途 〜公園遊具等、屋外設置構造物の安全性向上〜

公園等の屋外に設置された遊具の事故が近年増加しており、社会問題となっています。事故の原因の中で問題視されているのが、鉄製遊具の内部からの腐食による遊具など構造物の強度低下による事故の発生です。

内面めっき技術で耐食性を向上

内面めっき技術で耐食性を向上

当社の内面めっき技術を使うことにより、
パイプ内面の耐食性を向上し、腐食を防ぐことで遊具の倒壊に伴う事故を大幅に低減
することができると考えております。

※左記写真は鉄製ブランコ接続部の腐食が進行した際のものです。

その他の利用用途にも期待

上記遊具関連以外でも、今までに当技術が活用できそうな用途として自動車業界などから具体的な引合をいただいています。その他の分野でも活用できそうな可能性があれば積極的にお声掛けいただければ嬉しく思います。

お問い合わせはこちらから